Welcome to Savan Park
Gateway to the Global Market
A Joint Venture Develpment between Government of Lao PDR and Pacifica Streams Development Co.Ltd
Gateway to the Global Market
Savan Park which is the name of this development is zoned as a free trade industrial and commercial centre under the Prime Minister's Decree 148 and investors who set up base in this zone enjoy the lucrative benefits of the privileges detailed in the PM Decree 177. Decree of The Prime Minister on the Management Regulations and Incentive policies regarding The Savan-Seno Special Economic Zone. Click here to view the PM's Decree

Latest News

  • ラオス南部、経済特区の開発着手 カンボジア企業進出、日系に照準

    ラオス南部、経済特区の開発着手 カンボジア企業進出、日系に照準

    Date: 31, Jul, 2013   Time: 10:11 am

    カンボジアの首都プノンペンにある 「プノンペン経済特別区社(PPSEZ)」 が、 ラオス南部サバナケット県で経済特区の開発に着手した。 同県はメコン川を挟んでタイとの国境にあり、 誘致のターゲットはタイにある日系企業。 いわゆる 「タイ・プラスワン」 の進出先となることを目指すという。 この経済特区の正式名称は 「サバン・ジャパン経済特別区」。 PPSEZ の上松裕士最高経営責任者 (CEO) によると、 ラオス政府が 2003年に開発を始めた 「サバン・セノ経済特別区」(敷地面積954ヘクタール)の中に整備する。 タイの拠点を移転 まず、 20ヘクタール・12区画で着工した。 すでに日系の大手光学機器メーカー「ニコン」が進出を決め、 工場を建設している。サバン・ジャパン経済特区はさらに 200ヘクタールを加え、 将来的には合計220ヘクタールの広さとなる予定だ。 PPSEZとラオスの政府機関 「サバン・セノ経済特別区委員会(SEZA)」、 ラオスの民間建設会社の3者が出資する。 安定した経済成長で 「中進国」となったタイは、 外資優遇に対する見直しの動きが出ている。 また、 最低賃金が全国一律で引き上げられたこともあり、 タイから生産拠点などを他国に移転する 「プラスワン」 としての進出先のニーズが高まっている。 タイ・プラスワンとして最も有力なのは、 国境を接するラオスやカンボジア。 ただ、 それぞれに一長一短がある。 カンボジアは、 労働力が豊富だが、 東南アジア諸国で最も電気代が高い。 一方のラオスは、 電気代がカンボジアの3分の1ほどだが、 人口が少ない。 上松CEOは 「それぞれの長所を生かし、 カンボジアで取り込めないニーズをラオスで取り込もう、 というのが私たちの狙いです」と話す。 上松CEOによると、 ラオスの経済特区内の優遇措置は、 カンボジアよりも充実している部分がある。 たとえばラオスの法人税は 「利益が出てから10年間」 […]

  • トヨタ紡織、ラオスに初めて自動車用内装部品の生産拠点を設立

    トヨタ紡織、ラオスに初めて自動車用内装部品の生産拠点を設立

    Date: 09, Apr, 2013   Time: 9:29 am

    トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:豊田周平)は、このほどラオス人民 民主共和国で自動車用内装部品の生産新会社「TOYOTA BOSHOKU LAO CO., LTD.」を設立 しました。トヨタ紡織グループとしてラオスに生産拠点を設けるのは、今回が初めてです。 新会社は、トヨタ紡織グループのタイの生産拠点を補完するサテライト工場として位置づけ ます。自動車用シートカバーなどの内装部品を2014年4月より生産開始し、タイのシート 生産拠点に供給する予定です。 トヨタ紡織グループは、重要な市場の一つであるアジア・オセアニア地域において、ラオスで の生産体制を整えることで、一層の最適生産・最適物流体制を図ります。そして、より魅力的で 快適、安全な移動空間を、世界中のお客様に提供していきます。 【新会社の概要】 1.会 社 名 TOYOTA BOSHOKU LAO CO., LTD. (日本語表記:トヨタ紡織ラオス) 2.所 在 地 ラオス人民民主共和国サワンナケート県 3.代 表 者 山之内慎一 (社長) 4.設 立 2013年4月 5.資 本 金 約560万ドル(約5億円)※1 6.株主構成 TOYOTA BOSHOKU ASIA CO., LTD. 90%(※2 ) TOYOTA TSUSHO ASIA PACIFIC PTE. LTD. 7% 豊田通商株式会社 […]